http://www.bunkei-note.work/

文系の夫

文系は作者の気持ちでも考えとくわ


文系は作者の気持ちでも考えとくわ

ブリッヂが緩いかもしれない

 ブリッヂが緩いかもしれない。最近は球撞きが多少は上手になっているので、「厚い逆振り」とか「遠い引き球」を撞く機会がめっきり減ってしまい、しかもそうなってしまってもオープン・ブリッヂで処理できてしまう場合が多いので、わざわざスタンダード・ブリッヂを組む機会が減った。

  歴が長くなってくると「あるある」なのがメカニカル・ブリッヂの使用頻度が低くなった結果、メカニカル・ブリッヂが物凄く下手になってしまうと言うのがあるけども、自分の場合、スタンダード・ブリッヂが下手になっているかもしれない。少なくとも、緩くなっていることは確実だった。(肩が凝るから自然に身体が易きに流れているのだと思われます。)

 およそ 100 % の確率でスタンダード・ブリッヂを組むのは 10 ボールなどの平からのブレイクぐらいなのだけれども、(自分ではその認識はなかったのに)惰性のフォロー・スルーでジョイントを完全に超えるところまでキューを出していることが判りました。意図的に出している訳ではないので、特に意図的にキュー出しの終点を決めることはしないのですが、レストがキツければ自然と短くなるのではないかと思っています。

 ペアマッチなどで、スタンダードの方が良いと思われる「遠厚」で手球を動かす球を撞く機会が少し続いたので、これを機にスタンダードの頻度を増やして撞点精度の向上を図って行こうと考えています。

 あ、メカニカル・ブリッヂも。