http://www.bunkei-note.work/

文系の夫

文系は作者の気持ちでも考えとくわ


文系は作者の気持ちでも考えとくわ

嫁が腐

入籍前から知っていたことではありますが、嫁に腐属性があります。先週から今週にかけて『サイコパス』と、『サイコパス2』を見ていた嫁ですが、狡噛と宜野座と槙島の同人絵を探しているようです。

六合塚と唐之杜の関係性にも興味を示しています。うん、そこなら私も興味ある。

個人的には『サイコパス』の方が良かったです。法(というシステム)と倫理、そして正義というのは私の修士論文の題材でもありましたし、今でも関心を持っているところです。

就活のときに、社会システムの不完全性と可塑性について研究していると言ったら、IT 企業を斡旋されて今に至ります(笑)

いやー、「システム」という単語しか理解してもらえなかった。

我ながら、難解な研究テーマだったとは思いますが、そんな風に曲解されるなんて夢にも思いませんでした。

まあ、IT・テクノロジーは昔から好きだったし、それで今は飯を食わせて貰ってるので有難い限りですが、この国のシューカツというシステムはシビュラシステムの足元にも及ばない、自由という免罪符で武装した混沌であると言わざるを得ないですね。古代文明でもこんな無秩序な自由の発露はなかったのではないか?(農家の息子は農家…というのは不自由だが、筋は通っていると私は思います。)

(元理系ですが、最終学歴としてはバリバリの)文系のSEでもニーズがある、この国のヤバさ加減に感謝しつつ、真面目に仕事に邁進する所存です。

でも実は SE の仕事って情報科学ともまた違うので、純粋な理系とも言えず、顧客と(自分が有利でかつ)良好な関係を構築する、契約を理解し遵守して働く必要がある、という意味では文系的な素養はかなり必要なのですが。そこは典型的なニッポンのサラリーマンですね。

プログラミングは理系しかやらないけど、いってしまけばあれも文章書いてるだけですからね…なかなか慣れませんが。

経済学が日本では文系だけど、海外では理系に分類されることが多いのに似ていると思います。要は応用的な学問であり分野なので文理二元論で語り尽くすのは不可能領域ですよね。

話を戻して、槙島の「紙の本を読みなよ」はハヤカワの帯にも付いていた時期がありました。ハヤカワと言えば、今はカズオ・イシグロが売れまくっているとは思いますが、私は『サイコパス』でも言及された PKD かウィリアム・ギブスンを読み直してみようかな。

私の「IT・テクノロジー観」は彼らの影響を受けていて、その延長線上にある『サイコパス』はハマるべくしてハマった作品でした。

嫁のハマり方はちょっと変だけど、面白いとは言っていたので、文化を共有できて良かった。

 

ディファレンス・エンジン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

ディファレンス・エンジン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

 
ディファレンス・エンジン〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

ディファレンス・エンジン〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)