http://www.bunkei-note.work/

文系の夫

文系は作者の気持ちでも考えとくわ


文系は作者の気持ちでも考えとくわ

アフター12

勤務時間によって、その日の業務外のタスクの工数上限を決めるルールを帰りの電車の中で決めて、そのルールに則って、ごく簡単で無理のない実現可能なタスクをこなしました。

勤務時間が長くなると、業務外の自分のタスクは減りますが、

勤務時間が短くなると、業務外の自分のタスクが増えるので、

毎日がかえって憂鬱になりそう…。

でもま、勤務時間を時短しようとすることは当然の営みですし、毎日少しずつでも自分のタスクを消化するきっかけにはなりそうなので、続けて行きたいと思います。ちょっとやれば、ノリでたくさんやっちゃった、という日も出て来ると思うので。

嫁が飲んで荒ぶっているので、絡まれないうちに早く寝ます。