http://www.bunkei-note.work/

文系の夫

文系は作者の気持ちでも考えとくわ


文系は作者の気持ちでも考えとくわ

胸を熱くするコンテンツはどこに

3 月中に弊ブログをリニューアルしたいと思っているのですが、ネタの大黒柱の選定は本当に難しいですね。

例えばですが、私がひたすら仕事に関係する資格を勉強して(出来れば合格までした、収入も上がった)という内容にしても良いのですが、オッサンのスキルアップってあまり需要がない気がしています。

「オッサンなんだから、それぐらいデキて当然だろ。今まで何してたんだ、逆に。」的なね。オッサンのアタマ硬いからそんなにスキルはアップしないし。

別の候補として、オッサンの趣味全開なブログでも良いかなと思ってるんですが、オッサンの趣味は歴が長いだけに、共感を全く誘えないと思うんですよね。「マニアック過ぎてわかんねーよ、何言ってんだ?」的な。

全く別の角度から、学生のときにやっていたような文芸かな、というのも候補にはあるのですが、批評って少なからず攻撃的な面があると思っているので、踏み切れないですね。

子どもが出来たら最高の題材なんですけどね。今のところは妊活とか子育てのブログを読ませて頂いていて、予習しています。

仕事は結構好きなんだけど、題材に出来るわけもなく。なんかこう、書くよりも前に自分の胸を熱くするコンテンツが欲しいところです。

周りの 30 代はどうやって時間や金を使ったり、モチベーションを維持したりしてるのか結構気になったりはします。

なんかこう、このトシになると、自分の能力の見積りの精度が上がってきて、大概のことは想定の範囲内に収まっちゃうんですよね。「まあ、そんなもんだよね」という。やっていることは違っても、着地はいつも自分の中で偏差値 48-52 という。

論理的なことは勿論好きですが、予測不可能で理不尽な成分が不足してるのかもなあ。