http://www.bunkei-note.work/

文系の夫

文系は作者の気持ちでも考えとくわ


文系は作者の気持ちでも考えとくわ

分厚い実用書は進捗が把握しにくい

1 日に 10 - 15 分ほど数学を始めて、2 週間ほど経過しました。

数学というよりは、まだ計算処理ですが。

初回のエントリーは下記です。 

www.bunkei-note.work

うまい具合に習慣化できて来ていますので、継続して行きたいと思います。

今週は実数の範囲だったので、比較的ラクさせてもらいました。

(詳細は「続きを読む」以下です。)

*

この趣味プロジェクトの実現可能性はあまり重視していませんが、本職のために別の分厚い本を読もうとしています。

こちらは収入を上げるためにも実現したいです。

「青チャート」を読んで、分厚い本を読むためのコツを思い出しているところです。

何しろ、分厚い実用書は進捗が把握しにくいんですよね。

分厚い実用書を読むためのコツとして、現状下記があるかなと思っています。気づいたらまた足しますが。

  1. 進捗を客観的に把握しやすい本を選ぶ
    どの分野でも大体は複数の書籍が出版されているはずなので、適切な演習問題(と模範解答)がある本を選択することが実は最重要なのではないかと思います。技術書は洋書は演習問題が結構入っているイメージですが、解答解説が雑なので、できれば日本人著者によるきちんと書いてある本を選びたいです。
    演習問題は簡単すぎてもいけないし、難しすぎてもいけないし、少なすぎてもいけないし、多すぎてもいけないと思います。
  2. 目次から進捗表を作成する
    分厚い本は複数章からなっている場合がほとんどなので、得意な章と苦手な章が出てくるのは当たり前かなと思います。「いつでも問題を解ける」章と、「日本語でおk」な章が同居している場合に、自分にとって必要な部分(イマ、ナニヲ読むか)をピックアップしやすくすることは大切ですし、本のどこに何が書いてあるのかを詳細に把握した時点で読了は近いかなと。また、1,000 ページある本でも、500 ページは既知の内容であれば、気持ちも楽になって来ます。
  3. 速読と精読の両方を実施する
    演習問題では手を動かすことが重要なので「精読」に当たりますが、それだけだと「木を見て森を見ず」に陥ってしまいやすくなるので、全体と部分を絶えず行き来する運動は必須なのではないかと。また、「精読」だけだと進捗が残念な感じになってしまうので、たまに「速読」をして(復習でも良いけど)量を、雑に「完了」した部分を増やしたり、その量で自分を納得・奮起させることも必要かと思います。
  4. 多大な時間を要することを理解し、焦らない
    分厚くて読破する価値の高い本なのだから、読む時間が掛かって当たり前。しかし、ページを繰る手を止めてしまうと永遠に「積ん読」になってしまうので、日々の生活に組み込むなどの工夫をして 1 ミリずつでも良いから前に進める。多大な時間を要することは畢竟なので、時間を掛ける価値のある本を選びたいものです。

私は文学作品であれば、何百ページあっても割と平気ですし、読むのも結構早いのですが、実用書は頭(心)ではなく手を動かす必要があり、苦手な種類の本です。多分、理由は上記 3. で「速読をする自分」と「精読をする自分」を明確に分ける必要があるからです。文学作品であれば、両者を身軽に行き来できたというのが私の実感です。